« ~「いちりゅう」つながり~ | トップページ | 蕎麦屋巡り~その2~ »

2004年3月 6日 (土)

蕎麦屋巡り~その1~

へのさんの吉尾の日記にてんもりさんの 麺好倶楽部の書き込みに刺激され、 週末は宝満山~三郡山への登山をと考えていたのだが蕎麦屋巡りに変更。 昨夜はコンサートの手伝いの後、雑餉隈に消えていった結果、目が醒めたのは9時過ぎ。 洗濯に掃除と主夫としての働きを全て終え、本日も目的の蕎麦屋は何処にしようかと考える。 頭に浮かんだのが大宰府。 先月末に東京からのお客さんを太宰府天満宮に連れて行った時に目に付いたのが参道の蕎麦屋。 今日は観梅と参拝を兼ねて天満宮に行くぞ。
本堂近くの駐車場に車を止め、参拝をした後に参道を下る。まず最初は参道中ほどにあるやす武。 店に入りざるを一枚頼む。昼時なのだが天気が荒れているせいか参拝客も少なく比較的空いている。 程なくしてざるそば登場。見た目はきっちりとした蕎麦だ。ただ、 山葵は粉山葵のようである。まず、そのまま蕎麦を口にしてみる。 噛み込むとほんのりと甘い香りと蕎麦の甘みが広がる。 続いて薬味をそばの上に少し乗せつゆにつけてズズっと啜る。 つゆはやや甘めなものの鰹の旨みと香りがしっかり出ており悪くない。 啜り込むとカチっとした食感の蕎麦が気持ちよく喉を通っていく。 欲を言えばもっとザラっとした食感だとなお良いのだが。お腹が空いていることも有り瞬く間に完食。 観光地の中の蕎麦としてはなかなかのレベルである。ただ、値段は・・・であるが。

【やす武】
住所:福岡県太宰府市宰府2-7-16
電話:092-922-5079
営業:10:00~18:00 休みなし Pなし
ざるそば(750円)

 

3月 6, 2004 at 10:00 午前 蕎麦 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3008081

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦屋巡り~その1~:

コメント

コメントを書く