« 白滝山登山&麺宴会~その2~ | トップページ | ~災い転じて~ »

2004年1月31日 (土)

白滝山登山&麺宴会~その3~

白滝山登山を終え、夕闇の中へ福岡へと向かった山麺族は、 山で出会った心安らぐ風景をお土産に持ってそれぞれの家へと向かった。と、なれば極々普通の行動なのだが、 山と麺の双方に心引かれて放蕩するのが山麺族たるもの。 今日は1月31日。 西区の蕎麦屋かず馬が諸事情で一時休業となる。 しばらくかず馬石臼挽きの蕎麦を味わうことができなくなる。 そこで、心行くまで蕎麦を楽しみ、 かず馬再開までの心の糧にするという大義名分のもと麺族集合の大宴会だ。 蕎麦を大人しく楽しむはずも無く、いつの間にやらドンチャン騒ぎ。 周りの客にとっては全く持って迷惑な集団だ。 まずは十割から頂く。香り、甘みともに抜群。つゆも変な甘さが無く、 鰹の香りも芳醇で食欲中枢を直撃する。 つづいて頂いたのがかけ蕎麦。こいつが実に具合が良い。 優しい味のつゆに、控えめな二八がよくマッチしているのだ。 蕎麦を肴に大いに話し大いに笑い夜は更けていく。楽しい時間に終わりはつきもの。 閉店の時間となり御主人のもてなしにお礼を言いかず馬を後にする。 流石に大人しく帰るかと思いきやカラオケへと突入。 麺族としてはかなり珍しい行動だ。カラオケもピークになったところで、 熱唱していた二人が突如熱愛モードに。全く仕方の無い連中である。



【石臼挽き蕎麦かず馬】
住所:福岡県福岡市西区今宿1-1-1
営業:1月31日をもってしばし休業

 

1月 31, 2004 at 12:00 午後 宴会, 山麺, 蕎麦 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3002626

この記事へのトラックバック一覧です: 白滝山登山&麺宴会~その3~:

コメント

コメントを書く