« 白滝山登山&麺宴会~その1~ | トップページ | 白滝山登山&麺宴会~その3~ »

2004年1月31日 (土)

白滝山登山&麺宴会~その2~

塩弐番を後にして再び山口は豊北町へ。 途中の山道はすっかり初春の気配。氷柱に出会えるか気がかりだ。砂利道の林道を慎重に進み登山口に到着。 登山道に入るなり急峻なガレ場。まだウォーミングアップの終わっていない体に結構効く。 ようやく体が温まったところでガレ場が終わり小休止。 再び歩を進めるとゴルジュの取り付きに到着。 巨大な岩をよじ登り先へ先へと進んでいく。 岩の塊が切れたところで目の前に広がったのは紛う事無き滝。しかし、 期待していた氷柱は滝には無い。 周りを見渡すと所々に氷柱の跡がある。 きっと先週なら絶景に会えたはず。 おそらく見られたであろう滝の姿を思い浮かべつつ再び山頂へと向かう。途中、 山頂への入り口が分からず一旦展望台にて昼食。 本日の私の昼麺はすみれの味噌ワンタンだ。 スープや麺はそこそこだったのだがワンタンが今ひとつ。カップ麺の限界かもしれない。 山でウマイ麺にありつくにはストーブは必需品かもしれないと思うのであった。
なんとか山頂への入り口を見つけ無事白滝山頂到着。少しばかり休憩し下山。 帰りは観音岩経由だったのだが、足を滑らせると間違いなく大怪我しそうな断崖。 低山なのに緊張感を伴う。そして観音岩は悠然とした佇まいであった。 下山の後、温泉につかり福岡を目指す頃にはすっかり夕暮れ。 飛行機雲のコントラストも鮮やかな夕日が優しく目に写る。 山は高さだけでは無いことをシミジミと感じながら車に揺られていくのであった。



 

1月 31, 2004 at 11:00 午前 山麺 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3002574

この記事へのトラックバック一覧です: 白滝山登山&麺宴会~その2~:

コメント

コメントを書く