« 倶楽部山麺忘年会~番外編~ | トップページ | ~松山で初麺~ »

2003年12月31日 (水)

~今年の年越し麺~

本日で2003年ともおさらば。 この一年を締めくくる日において日本には世界に誇るべき伝統行事がある。そう、 年越し麺だ。今年は3年ぶりに松山の姉宅にて家族そろっての年越しだ。ならば、 この一年麺を食べ歩いた集大成を具現化せねばなるまい。 今年一年でもっともインパクトのあった麺は何かと考えた。倶楽部山麺忘年会でのN& トンコツマニアさんのラーメンは強烈であったが、見た目では驚かない。見た目で驚き、食べてみて驚いた麺といえば…、 そう、釜八かまあげめんたい。 うどんの上に乗っているバターに驚き、 混ぜてみておろしとバターと明太子との絶妙のハーモニーに感嘆したあの麺だ。 そんな訳で今年の年越し麺はかまあげめんたいに決定!
冷蔵庫の冷凍うどんを物色し調理開始。そして出来上がったのが写真の品。姉夫婦& 甥っ子達は次々に感嘆の声。このような言葉を聴くと、 私の一年の麺食いが決して無駄では無かったと胸に熱いものが込み上げてくる。 目頭が熱くなるのを押さえつつ下世話に掻き混ぜズズっと啜ると…、おお、 我ながらイケルではないか。もしかしたら釜八を越えたかもなどど調子に乗るのであった。
これで今年の麺の〆だと思っていたら、蕎麦組の蕎麦が丁度一人前余っている。 うどんに使ったおろしとかけうどんに使った掻き揚げが余っている。都合の良いことにかけ醤油もある。 ササッと蕎麦を冷水で締めおろしと掻き揚げを乗せ、彩りに刻み葱を一つまみ。 かけ醤油をくるりとかけるとおろし掻き揚げ蕎麦登場。こいつも下世話に掻き混ぜズズッと啜る。 手抜きの割にはこいつもイケル。横から義兄の攻撃を受け、半分を明け渡す。 一年の最後の〆を家族麺で決める事が出来て最高の年越しであった。 来年も
頑張るぞ!

12月 31, 2003 at 10:00 午前 うどん, 蕎麦 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/2999941

この記事へのトラックバック一覧です: ~今年の年越し麺~:

コメント

コメントを書く