« ~久留米滋味系に舌鼓~ | トップページ | ~北九州麺行脚その1~ »

2003年12月19日 (金)

~喜良久で味噌仕込み~

今日は雪もチラチラと舞い寒さも一塩だ。 この寒波が続くようだと雪が積もるかもしれない。正月の帰省時には由布越えもある。よし、 良い機会だから思い切って冬タイヤに交換だ。 作業を終えるとすっかり体は冷えている。こんな時はアツアツのうどんに限る。時計を見ると19時を回ったところ。 まだ喜良久は開いているはず。 グツグツと煮えたぎる味噌に浮かぶうどん様。ああ、 想像しただけで理性が失われていく
味噌煮込みうどんを想像しニヤつきながらハンドルを握る。5号線の渋滞もなんのその。 裏道の限りを尽くし素早く喜良久に到着。 普段なら味噌煮込みだが今日はフンパツしてえび天みそだ。土鍋が運ばれてくる。 蓋を開けるとグツグツと煮えたぎった音と共に凄まじい湯気が立ち上る。 それと同時に芳しい味噌の匂い。堪らず猫舌であることを忘れ煮えたぎるうどんを啜る。 八丁味噌の酸味と柚子の風味が食欲を刺激する。 細身のうどんは程よくコシがありこれまた良い。そして半熟玉子がとどめを刺す。 全て啜り終えると体はポカポカ、心もポカポカ、 舌はヒリヒリ。極楽極楽。この季節、 熱物味噌が最高にウマイ。 そんな事を考えながら運転しているとすみれの味噌が頭に浮かぶ。 近いうちにすみれに行こうっと!

【喜良久(きらく)】
住所:福岡県春日市昇町2-82
電話:092-591-8885
営業:11:00~21:30 盆正月休み Pあり
えび天みそ(600円)

12月 19, 2003 at 10:00 午前 うどん |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/2999335

この記事へのトラックバック一覧です: ~喜良久で味噌仕込み~:

コメント

コメントを書く