« 松山帰省その3~讃州屋~ | トップページ | ~釜八~ »

2003年11月 3日 (月)

松山帰省その4~ごえもん~

新聞を見ていると「セルフで無いのに100円、セルフでないからこの味」 との広告。一瞬「松山版小麦冶か?」という考えが頭をよぎる。 帰路の途中で立ち寄ることにしようと、企みを立てつつ地図を眺める。 姉宅を出発しようとしていると「うどんを食べに行くなら一緒に行こう」との姉夫婦の提案。 なぜ、帰りに立ち寄るのを知っているのだ?!と驚いていると、 甥っ子にしっかり行動を観察されていたらしい。麺に対する嗅覚、 これからの成長が楽しみだ
昨日同様に姉夫婦たちとうどん行脚に出かける。30分程で目的のごえもんに到着。 開店間もないこともあって、結構人は入っているようだ。メニューにごぼう天うどんがあるが、 それよりもトッピングのげそ天の方が魅力的。 愛媛でのごぼう天よ如何という気持ちはあったが、 心を鬼にしてかけうどん小イカげそ、 そして冷しを確かめるべくぶっかけを注文。5分ほどでうどん様登場。
まずはかけうどん。つゆを啜るとさっぱりとしたイリコだしで、 やや醤油の匂いが強いものの悪くない。続いて麺を啜る。 機械打ちの茹で置きの麺だが、 小細工をしていない分素直に食べれて悪くない。 イカげそは姿揚げしたものではなく、串に刺したものを揚げたもので、 衣は結構カリっとしている。 麺とつゆのバランスとしては頑張っていると感じた。次にぶっかけ。 麺を締めている分歯応えは良い。ただ、つゆがやや甘めだ。 かけうどんのようにすっきり感のあるつゆならもっと楽しめるのにと思った。
小麦冶と較べてどうかというと私は小麦冶選ぶ。満足感が今ひとつ足りないのだ。きっと、 うどんの熱さや冷たさがやや半端なことが原因だろう。オペレーションが洗練されれば化けるのだろうが。 松山にも小麦冶的店舗が欲しいと心から思ったのであった。

ごえもんにはうどん以外に面白いものがあった。 壁に書いてある文字だ。 うどんを食べながらつい微笑んでしまった。 こういう演出は目論見があからさまなのだが結構好きだ。そして、 帰路の佐田岬では風車の群れに出会い感動。北九州にも風車群はあり、 かなりのスケール感だが、自然の中にあるものはまた格別だ。 今回は予定外の所用が入り思うように麺行脚が出来なかったが、 高松に暫く住んでいた義兄とうどん談義で盛り上がり、 年末年始で帰った時には讃岐でうどんを食べ歩こうということになった。 次回の帰省時には、家族讃岐麺行脚をお送りすることが出来ると思う。

【ごえもん】
 住所:愛媛県松山市保免西1-1-5
 電話:089-972-9552
 営業:11:00~22:00
 かけうどん小(100円)
 イカげそ(100円)
 ぶっかけうどん(300円)

11月 3, 2003 at 10:00 午前 うどん |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/2976603

この記事へのトラックバック一覧です: 松山帰省その4~ごえもん~:

コメント

コメントを書く