« めんむす@筑紫野 | トップページ | 筑後ポタ~その1「味仙」~ »

2003年10月17日 (金)

甚徳うどん

昼休みに寛いでいると大野城市の友人からメールが。 「旧3号線から下大利に向かう道の旧3号線よりにあるうどん屋を知っているか」との事であった。場所はどこかと一瞬考え込み、 そして思い出した。大野城のオートバックスの近くにある甚徳うどんの事だ。そういえば、 夏場に行って以来久しく足を運んでいない。 暑いときに汗を噴出しながら食べても随分ウマかった覚えがある。 最近の肌寒さの中ならば更にウマイに違いない。よし、 今夜の食事は甚徳うどんで決まりだ!
残業も程々に身支度をして颯爽とペダルを漕いで走る。メニューを見ながら何にしようかと考える。 カレーの文字が妙に魅力的だったが土日しかやっていなようだ。それならば、 定番のごぼう天うどんでしょう。 この店の魅力的な点は必ず茹で揚げたてを出すところだ。 セミセルフのうどん屋が席巻してきてファストフード的イメージの強いうどんだが、 本質はスローフードだと思う。
10分程してごぼう天うどん様降臨。つゆを啜る。昆布と鰹が主体のあまり甘すぎない味だ。 普段なら続いて麺をすするところなのだが、あまりにもごぼう天がウマそうなので先に一かじり。太めの牛蒡をやや厚目に斜め切りしている。 衣はカリッ、 牛蒡はザクッとした噛み応えで骨太だ。続いて麺を啜る。 細身の麺ながら綺麗に角が立っており、噛み込むとグイッと抗う感じが良い。 さすが茹で揚げたてのウマさだ。つゆも麺も全て啜り切り完食。 極楽至極♪旨いものを食べると気が大きくなる。おまけに今日は花金だ。雑餉隈に繰り出すゾ~。

【甚徳うどん(じんとくうどん)】
 住所:福岡県大野城市白木原5-2-1-101
 電話:092-573-7037
 営業:11:30~21:00 月曜休み Pあり
 ごぼう天うどん(500円)

10月 17, 2003 at 10:00 午前 うどん |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/2975411

この記事へのトラックバック一覧です: 甚徳うどん:

コメント

コメントを書く