« 小麦冶 | トップページ | めんむす@筑紫野 »

2003年10月15日 (水)

きくちゃん

ここのところ、昼間は激爆的忙しく、夜は残業で思うように麺行脚できない。 したがって勢い夜麺となるのだが、深夜まで開いている店となると限られてくる。 本日も例に漏れず残業であった。雑餉隈方面に行けば、深夜まで開いているラーメン店が何軒かある。とりあえず、 雑餉隈方面ということでペダルと漕いでいたのだか、気がつくときくちゃんに入っていた。 ラーメン下さ~い! 注文して程なくラーメン登場。ベージュ色のスープを一啜りする。やや濃い目で、 化調も程よく効いたスープだ。特徴は? と聞かれても答えにつまるほど特徴に欠けた味である。麺は細麺で、 今日の茹で具合はやや軟らか目。これもまた特徴らしい特徴がない。 客観的に考えると近傍の黒竜亭バラモンラーメンの方が主張するものがあり、 きくちゃんよりもウマイと思う。 しかしながら私は飲みに出る前飲んだ後に時折きくちゃんに寄って行く。 主張のなさがユルイ感じで精神的に良いのだ。決して人には積極的に薦めれない店だが、 10年経って訪れた時に昔を思い出し懐かしく思う店だと思う。 ウマイことだけで心に残るのではない。変哲のなさが心に響くことだってある。 きくちゃんのラーメンを啜りながら時々そう思うのであった。

【きくちゃんラーメン】
住所:福岡県福岡市博多区銀天町2-3
営業:11:30~04:00 日曜休み Pなし
ラーメン(450円)

10月 15, 2003 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/2975212

この記事へのトラックバック一覧です: きくちゃん:

コメント

コメントを書く