« 久留米夜麺~その1~ | トップページ | 沖縄茶屋(松山行脚前夜) »

2003年10月 1日 (水)

久留米夜麺~その2~

本来ならばそばで〆のはずなのだが、 酒の入った麺バカはとどまるところというものを知らないらしい。 屋台を求めて久留米の街中を闊歩する。 コイタさんお勧めの松五郎を探すのだが見つからない。 開いていないんぼならば諦めればいいのだが、 往生際が悪いのが麺バカの麺バカたる所以である。 へのさんの記憶とコイタさんの道案内を頼りに潘陽軒へと向かう。 ホルモンと餃子を頼みビールを堪能。そして、〆はラーメン。具材の入っていない素ラーメンがあるが、 今回はノーマルなラーメンを頼む。目の前で豪快かつ丁寧に麺が茹で揚げられていく。 出てきたラーメンは薄く上品な黄色。スープを一啜りする。甘みがあるがしつこくなく豚の旨みが口の中に広がる。 麺は細麺ストレート。変な演出は無くスルスルと胃袋に消えていく。黒門程ではないものの、 演出系でなく滋味系である。 へのさんとコイタさんに感謝

【潘陽軒(ばんようけん)】
住所:福岡県久留米市六ッ門7-59
電話:0942-35-2237
営業:11:00~02:00 月曜休み Pなし
ラーメン(500円)

10月 1, 2003 at 12:00 午後 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/2963908

この記事へのトラックバック一覧です: 久留米夜麺~その2~:

コメント

コメントを書く