« なんじゃコリャ?! | トップページ | 砥上山登山 »

2003年9月30日 (火)

喜良久

今日は夕方間近になって、いつ終わるとも分からぬ残業決定。 そうならば腹ごしらえをしなければなるまい。9月初旬の猛暑も台風と供にどこ吹く風。 朝晩は半袖だと少しばかり肌寒いくらいになってきている。そうなってくると恋しくなるのが暖かい食べ物。 特に鍋物が恋しくなる。 麺類で鍋物の代表と言えば鍋焼きうどんである。そういえば、 近くに味噌煮込みうどん屋があるではないか。のんびりとはしていられない。さあ、 味噌煮込みを食べに行くぞ!通勤の渋滞もなんのその、裏道の限りを尽くして喜良久に到着。 早速に味噌煮込みうどんを頼む。時間がかかるのを見越して持ってきた新聞を読み終わる頃、味噌煮込みうどん様御臨場。 店員さんが土鍋の蓋を開けると・・・、 グツグツと煮えたぎる味噌が美味しそうな音を立てている。 半熟卵が妖艶な色気を醸し手招きをする。もう食欲中枢が理性を押さえきれない。 煮えたぎっているにも関わらずスープを啜り、当然の如く口の中は火傷。 我ながらつくづく学習しないものだと思う。火傷はしたが、味噌がウマイ。 濃厚な味なのだが柚子の風味がそれをサッパリとしたものに変えて食欲を増進してくれる。 店員さんに聞いて柚子胡椒が入っている事が判明。麺はいわゆる煮込み用の扁平な太麺とは異なり、 やや細身の捩れと縮れのある麺で、この麺が程よいコシを持っている。とにかく食が進む。口の中の火傷など構わずに啜る、 ひたすら啜る。残った味噌も啜る。全てを食べ終えて残ったのは満足感。これから寒い季節に向かうにつれて、 煮込み系のうどんにはまっていきそうだ。

 
【喜良久(きらく)】
住所:福岡県春日市昇町2-82
電話:092-591-8885
営業:11:00~21:30 盆正月休み Pあり
味噌煮込みうどん(500円)

9月 30, 2003 at 11:00 午前 うどん |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/2963784

この記事へのトラックバック一覧です: 喜良久:

コメント

コメントを書く