« 国道500号麺行脚~その3~ | トップページ | 中華そば ひさご »

2003年9月28日 (日)

国道500号麺行脚~その4~

さあ、お腹もいっぱいになったことだし大人しく帰ろうと思ったのだが、 一流が開いていなかったのが効いたのか、無性にラーメンが食べたくなっている。 そういえば帰り道の国道386号沿いに芹屋があったはず。へのさんの麺喰い日記では味が変わったとの事。そうならば我が舌で確かめねばなるまい。逆風吹きすさぶ中、エッチラ、 オッチラとペダルを漕ぎ漕ぎ芹屋を目指す。途中で数件のうどん屋を見かける。今度の麺行脚の時の宿題店としておこう。 芹屋に到着し、早速ラーメンを頼む。出てきたラーメンを見ると確かに開店当初とは変わっている。 ばらけた叉焼が入っていたのが薄切りに変わり量が増えている。まずは、スープを一啜り。味がクドくなっている。 そして味の輪郭がぼやけてきている。とはいうものの決して出来が悪いわけではない。 開店当初の味を知っているだけに残念なのである。その土地土地で好まれる味というのがあるかもしれないが、 当初の味に自信を持って欲しいと思う。

【芹屋(せりや)】
住所:福岡県筑紫野市永岡187(針習峠交差点)
営業:11:00~21:00 水曜休み Pあり
ラーメン(400円)

9月 28, 2003 at 01:00 午後 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/2963375

この記事へのトラックバック一覧です: 国道500号麺行脚~その4~:

コメント

コメントを書く